STO

【社長BLOG】日本STO協会の設立と今後の展望

前回のブログから約1か月、水面下で動いていましたがようやく法人設立となりました。正式名称は「一般社団法人日本STO協会」となります。 金商法の改正で生まれた「電子記録移転権利」を中心にセキュリティトークンと呼ばれる有価証券の取り扱いを担当する認…

【社長BLOG】STOと電子記録移転権利のあれこれ

3月の資金決済法・金商法の改正案が提出された直後に、「改正資金決済法・金融商品取引法による仮想通貨関連ビジネスの影響」という記事を書きました。1か月半経ち、ある程度見えてきた部分があるので今回は現時点における整理をアウトプットしたいと思いま…

【社長BLOG】証券業界におけるブロックチェーン技術の適用と課題(3)

当初期待されていたような実用化が進まないブロックチェーン技術のビジネス応用。証券業界も様々なユースケースの検証に取組んでいるものの、今しばらく時間を要する見込みです。過去の実験を振り返ることで未来へのきっかけとなることを願いつつ、引き続き…

改正資金決済法・金融商品取引法による仮想通貨関連ビジネスの影響

2019年3月15日(金)に、資金決済法・金商法の改正案が国会に提出されました。法資金決済法・金商法の改正案が国会に提出されました。法案の内容は昨年の「仮想通貨交換業等に関する研究会」報告書にて整理されたものを踏襲しておりますが、 ポイントを振り…

【社長BLOG】証券業界におけるブロックチェーン技術の適用と課題(2)

前回に引き続き、証券業界におけるブロックチェーン技術の適用と課題、という観点で過去に取り組んだ実証実験を題材に、整理と振り返りをしていきたいと思います。前回投稿は下記を参照ください。

【社長BLOG】証券業界におけるブロックチェーン技術の適用と課題(1)

私がSBI証券に在籍していたころ、IBM様と協力してHyperledger Fabricを利用したブロックチェーン技術を用いた分散型証券プラットフォームの検証を実施いたしました。昨今、証券コンソーシアムでの実用化検討や証券トークン(STO)の動きが活発になっています…

【社長BLOG】トークン化された有価証券とICOとの関係性

最近STO(Security Token Offering)について問い合わせ・相談を受けることが多く、また米国での事例は先行しつつも日本ではまだ実現していないこともあり、今回のブログでは、正確な理解が難しいSTOについて、ICO・既存の有価証券投資と比較しながら整理し…