SBI CapitalBase ~事業の魅力とやりがい~

SBI CapitalBase ~事業の魅力とやりがい~


3月よりSBI CapitalBaseの一員となりましたシャオチーです。

 

今回は新人らしく入社のきっかけ等を交えながら「SBI CapitalBaseの事業の魅力とやりがい」についてお話したいと思います。

 

入社のきっかけ

 

前職ではいわゆる大企業の総務部門で働き方改革推進担当をしており、様々な施策を推進しておりました。企画のアイデアを得るべく先進的な取り組みをしているベンチャー企業に取材に行く中で彼らの変革マインドに大きな刺激を受け、このままではいけないと感じチャレンジの場を外に求めるようになりました。

 

その中で出会ったのがSBI CapitalBaseでした。

 

但し、私には金融業界の経験がありませんでしたので応募するかどうか随分迷いましたが、事業立ち上げ期にある会社の基盤作りに携われるワクワク感が抑えきれず、思い切って応募することにしました。また、正しい倫理的価値観、金融イノベーター、新産業クリエイターといったSBIグループの理念にも共感するところがありました。

 

私自身、前職で中国に立ち上げた合弁会社に出向し、中国人メンバーと一緒に会社の基盤を作り、新規参入者として営業して会社の規模を拡大していく経験をしたのですが、そこで多くの事を学び成長できたと感じていました。採用面談を通じ、まさに事業立ち上げ、新規参入のフェーズにあるSBI CapitalBaseと中国合弁会社の姿が重なり、またチャレンジしたいという思いが出てきました。

 

また、日本に戻ってきてからは社内の若手が自主的に新事業の構想を練る活動をコーポレートの立場から支援していたこともあり、個人的な想いとしてもベンチャーの新事業創出活動を支援していきたいと思っていたので、SBI CapitalBaseの事業目的(後述します。)に対しても魅力を感じたことも入社の決め手となりました。

 

事業の魅力とやりがい 

 

SBI CapitalBaseはベンチャー・中小企業の資金調達をトータルに支援するプラットフォームの提供を通じベンチャーエコシステムと活性化させ、新産業を育成・創造するという事業目的の下、まずは株式投資型クラウドファンディング事業からスタートする予定で、社員一丸となって開業準備を進めています。

 

その中で私は管理部のメンバーとして、総務、財務、人事といったバックオフィス業務に加え経営企画業務もアサインして頂いています。企業風土作り、業務プロセスや各種制度設計について初期段階から関わることができるので、どんどんアイデアを出してSBI CapitalBaseのカラーをメンバーとともに作っていきたいと思います。

 

会社は若手中心で活気があります。社長以下ワンテーブルで仕事をしていますので課題に対してその場で話し合い方針を決め前に進めていくことができます。入社したばかりの私も自分の想いや意見を自然に出せるオープンな雰囲気があり、職場にも恵まれたなと感じています。

 

メディアでも良く取り上げられるように、日本の未上場の新興企業への投資規模は、米国や中国と比べてまだまだ少なく、ユニコーンと呼ばれる評価額10億ドル以上の非上場、設立10年以内のベンチャー企業の大半は米国と中国にあり、日本には数えるほどしかありません。日本はまだまだ高い水準の科学技術力とサービスレベルを持っていますので、それを事業として成長させていくベンチャー投資の文化が根付けば、新しい製品、サービスがもっと世の中に出てくると思います。このような課題がある中で、事業を通じて新しい製品、サービスを世に出していく活動に携われる事がSBI CapitalBaseの魅力ではないかと思います。

 

仲間を募集中です!

 

SBI CapitalBaseはこれから開業~成長フェーズに入っていきます。この事業に共感して頂き、チャレンジしてみようと思う方からの応募をお待ちしています。金融業界以外からのチャレンジも歓迎しています。具体的な職種については採用ページをご参照ください。

 

sbicb.co.jp